最新記事

私はというと、おじいちゃんにベストをあげました。
どのような誕生日プレゼントをあげて良いのかわからないので、とりあえず洋服をあげようと思ったのです。
おじいちゃんは昔からきている洋服しか持っていなかったので、いつもとても古そうなものを着ていました。
デザインも流行遅れでしたし、おじいちゃんは気にしていませんでしたがやはりいまどきの良い服を着るべきだと思いました。
だから私はおじちゃんの誕生日プレゼントとして、ベストをあげたのでした。
おじいちゃんを喜んでくれましたが、私は宝くじの誕生日プレゼントには負けたと思いました。
誕生日プレゼントは勝ち負けの問題ではありませんが、おじいちゃんは宝くじは本当に嬉しかったと思います。